Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in comments
Search in excerpt
Search in posts
Search in pages
Search in groups
Search in users
Search in forums
Filter by Custom Post Type
Filter by Categories
総合
日記
マーケティング
SEO
プログラミング
ブログ
ソーシャル
Google
ご挨拶
OS
CentOS
CMS
WordPress
プラグイン
Plugin
{ "homeurl": "https://sociallabo.net/", "resultstype": "vertical", "resultsposition": "hover", "itemscount": 4, "imagewidth": 70, "imageheight": 70, "resultitemheight": "auto", "showauthor": 1, "showdate": 1, "showdescription": 1, "charcount": 1, "noresultstext": "No results!", "didyoumeantext": "Did you mean:", "defaultImage": "https://sociallabo.net/wp-content/plugins/ajax-search-pro/img/default.jpg", "highlight": 0, "highlightwholewords": 1, "openToBlank": 0, "scrollToResults": 0, "resultareaclickable": 1, "autocomplete": { "enabled": 1, "googleOnly": 0, "lang": "ja" }, "triggerontype": 1, "triggeronclick": 1, "triggeronreturn": 1, "triggerOnFacetChange": 0, "overridewpdefault": 0, "redirectonclick": 0, "redirectClickTo": "results_page", "redirect_on_enter": 0, "redirectEnterTo": "results_page", "redirect_url": "?s={phrase}", "more_redirect_url": "?s={phrase}", "settingsimagepos": "right", "settingsVisible": 0, "hresultanimation": "bounceIn", "vresultanimation": "rollIn", "hresulthidedesc": "1", "prescontainerheight": "400px", "pshowsubtitle": "0", "pshowdesc": "1", "closeOnDocClick": 1, "iifNoImage": "description", "iiRows": 2, "iitemsWidth": 200, "iitemsHeight": 200, "iishowOverlay": 1, "iiblurOverlay": 1, "iihideContent": 1, "iianimation": "bounceIn", "analytics": 0, "analyticsString": "", "aapl": { "on_click": 0, "on_magnifier": 0, "on_enter": 0, "on_typing": 0 }, "compact": { "enabled": 0, "width": "100%", "closeOnMagnifier": 1, "closeOnDocument": 0, "position": "static" } }
※随時更新中【WEBマーケッター必見!】タグマネジメントツールについてまとめてみた

※随時更新中【WEBマーケッター必見!】タグマネジメントツールについてまとめてみた


2125924

Webサイトへ埋め込む必要のある「アクセス解析ツールなどが生成するHTMLタグ」を「管理(マネジメント)する」ことをタグマネジメントと呼び、そのための機能を持ったツールをタグマネジメントツールと呼びます。今回はタグマネジメントツールについてまとめてみました。

タグとは

■マーケティング用語で使用されている「タグ」とは大きく分けて3種類あります。
1.htmlタグ
どのようなページなのかという情報や、ページ上のテキスト、画像、リンクなどを表示する際に必要なものです。
2.コンバージョンタグ
購入数、申込数、資料請求数などのコンバージョンを測定するためのタグです。
3.ツール用制御タグ
Google Analytics、ヒートマップ、ABテストツールなどを使用するために埋め込むタグです。

\マーケティング用語辞典/
タグとは – Webマーケティング用語|ferret [フェレット] ferret-plus.com/5452 @ferretplusさんから

これは重要。/ よく耳にする「タグ」の意味を理解してますか? Googleアナリティクスを使うなら最低限知っておきたい「タグ」の知識 (1/2):MarkeZine(マーケジン) markezine.jp/article/detail… @markezine_jpさんから

いまだにHTML要素の事をタグと言う文書が生き残ってるんだな。

>タグとは何か同僚に説明できますか?タグに関する基礎知識 (2/5):MarkeZine(マーケジン) markezine.jp/article/detail… @markezine_jpさんから

タグマネジメントツールとは

「タグ設置」にかかるコスト・工数を軽減し、Webマーケティングにおけるスピードを向上させるために開発されたのが「タグマネジメントツール」です。

例えるなら1つの箱の中にすべての物(タグ)を集約した入れ物で一元管理できると思っていただければイメージ付くかと思います。一括で管理しやすくするのがタグマネジメントツールの特徴です。

タグマネジメントツールの代表格として「Googleタグマネージャ」と「Yahooタグマネージャー」とある

①Googleタグマネージャ

メリット
・初期費用無料
・公開前にタグの動作確認テストできる
・拡張性が高く、カスタマイズしやすい
・Googleアナリティクスの応用機能の設定もできる
デメリット
・タグの種類が豊富ではない
・1個単位でタグを管理することができない
・サポート対応がヘルプページのみとなっている

この動画は非常に丁寧な解説動画で初心者でもわかりやすい内容となっている。タグの使い方や検証方法なども解説しているので参考になります。

②Yahooタグマネージャー

メリット
・1個単位でタグを管理することができる
・タグの種類(タグカタログ)が豊富である
・電話からお問い合わせできる窓口がある
・有料ではあるが技術サポートも受けられる
・公開前にタグの動作確認テストができる
デメリット
・初期費用が発生する(最低金額3000円入金する必要性がある)
・タグをタグカタログで作成するとたまに予期せぬエラーが発生する
・現段階でITP対策に対応していない

声が少々小さくて聞こえづらいがこちらの動画に関しても初心者にでもわかりやすい解説動画となっている。

実際にタグマネジメントツールを使用するには共通タグ(ユニバーサルを)と呼ばれるタグをHTMLソース内の決められた箇所に埋め込む必要性がある。

HTMLソース内の決められた箇所に共通タグ(ユニバーサルタグ)を埋め込む必要性があります。※GoogleタグマネージャとYahooタグマネージャーでは共通タグを埋め込む方法と箇所が違うので注意が必要です。

ここからは実践で使える技術的な解説をしていきたいと思います(難易度は星5つで独自判定してます)

①ページ設定(難易度:★★☆☆☆)

GoogleタグマネージャとYahooタグマネージャーではページ設定の方法が違います。
正規表現・ワイルドカードとはタグを指定されたページで発火させることができる設定だと思えば分かりやすいかと思います。
意味は同じでもGoogleタグマネージャとYahooタグマネージャーではページ設定の仕方が違うということになります。

・Googleタグマネージャでは正規表現と呼ばれるものを使用します
・Yahooタグマネージャーワイルドカード + 正規表現を使用します(ほとんどワイルドカードを使用してのページ設定が多いです)

②Cookieを使用する(難易度:★★★★☆)

Cookieの中に入っている値を呼び出したい場合は下記の決められた記述で書かなければいけません。GoogleタグマネージャとYahooタグマネージャーではCookieを呼び出す記述が違いますので注意が必要です。

・Googleタグマネージャ → {{変数名}}
・Yahooタグマネージャー → bt_cookie(変数名)

Cookieを使用しての値取得方法

③デバイス判別(難易度:★☆☆☆☆)

PCとモバイルといったブラウザを分けて計測したい場合はデバイスを判別する必要があります。
下記のscriptコードをカスタムjavascriptで作成すればPCとモバイルで分けて計測することができます。

▼GTMで設定する際の手順
①カスタムjavascriptで下記コードをコピペ
②カスタムjavascript変数名の名前を決める
②トリガー設定で カスタムjavascript変数名 等しい desktopを選択する。
※desktop=PC、mobile=SP

▼YTMで設定する際の手順
①データバインディング選択し下記コードをコピペ
②データバインディングの名前を決める
③タグの実行条件で条件の追加を選択
④データバインディングの名前 等しい desktopを選択する。
※desktop=PC、mobile=SP

function() {
var ua = navigator.userAgent;
var dev = ‘desktop’;
if ( ua.indexOf(‘iPhone’) > 0|| ua.indexOf(‘iPod’) > 0|| (ua.indexOf(‘Android’) > 0 && ua.indexOf(‘Mobile’) > 0) ){
dev = ‘mobile’;
} else if ( ua.indexOf(‘iPad’) > 0|| ua.indexOf(‘Android’) > 0 ){
dev = ‘tablet’;
}
return dev;
}

④同一URLで指定されたページのみタグ発火設定(難易度:★☆☆☆☆)

ECサイトの中にはCARTページ~THANKSページまで同じURL(同一URL)で設定されている場合がある。
例えばCARTページ~THANKSだとして「確認ページだけでタグ発火」させたいケースがある。
その時はページから「タイトル」の文字列を取得することによって判別することができる。


2125924