Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in comments
Search in excerpt
Search in posts
Search in pages
Search in groups
Search in users
Search in forums
Filter by Custom Post Type
Filter by Categories
総合
日記
マーケティング
SEO
プログラミング
ブログ
ソーシャル
Google
ご挨拶
OS
CentOS
CMS
WordPress
プラグイン
Plugin
{ "homeurl": "https://sociallabo.net/", "resultstype": "vertical", "resultsposition": "hover", "itemscount": 4, "imagewidth": 70, "imageheight": 70, "resultitemheight": "auto", "showauthor": 1, "showdate": 1, "showdescription": 1, "charcount": 1, "noresultstext": "No results!", "didyoumeantext": "Did you mean:", "defaultImage": "https://sociallabo.net/wp-content/plugins/ajax-search-pro/img/default.jpg", "highlight": 0, "highlightwholewords": 1, "openToBlank": 0, "scrollToResults": 0, "resultareaclickable": 1, "autocomplete": { "enabled": 1, "googleOnly": 0, "lang": "ja" }, "triggerontype": 1, "triggeronclick": 1, "triggeronreturn": 1, "triggerOnFacetChange": 0, "overridewpdefault": 0, "redirectonclick": 0, "redirectClickTo": "results_page", "redirect_on_enter": 0, "redirectEnterTo": "results_page", "redirect_url": "?s={phrase}", "more_redirect_url": "?s={phrase}", "settingsimagepos": "right", "settingsVisible": 0, "hresultanimation": "bounceIn", "vresultanimation": "rollIn", "hresulthidedesc": "1", "prescontainerheight": "400px", "pshowsubtitle": "0", "pshowdesc": "1", "closeOnDocClick": 1, "iifNoImage": "description", "iiRows": 2, "iitemsWidth": 200, "iitemsHeight": 200, "iishowOverlay": 1, "iiblurOverlay": 1, "iihideContent": 1, "iianimation": "bounceIn", "analytics": 0, "analyticsString": "", "aapl": { "on_click": 0, "on_magnifier": 0, "on_enter": 0, "on_typing": 0 }, "compact": { "enabled": 0, "width": "100%", "closeOnMagnifier": 1, "closeOnDocument": 0, "position": "static" } }
90年代「ロゴファッション」が復活した理由が今どきすぎた

90年代「ロゴファッション」が復活した理由が今どきすぎた


2125924

90年代「ロゴファッション」が復活した理由が今どきすぎた – ソーシャル ラボ は SEO SEM マーケティング に特化しつつ オープンソース などの 情報 も 配信しています。

ここにきて90年代に流行した「ロゴファッション」が復活しているといいます。その理由が何とも今どきでした。

■90年代のロゴファッションが復活している

90年代にファッション界を席巻したロゴブームが戻ってきた。それも、業界全体を巻き込む勢いで

印象が強過ぎて、取り入れるのが難しいのがロゴアイテム。でも世界は今、まさにロゴブーム。

人気モデルのベラ・ハディッドは、バーバリーのロゴだとはっきり分かるセーターを着ている姿を目撃され、その姉で同じくモデルのジジ・ハディッドは、(ブランドアンバサダーを務める)トミー・ヒルフィガーのプルオーバーで人ごみを歩く様子が捉えられた。

今年の2017年トレンドは「ロゴ&メッセージ」アイテムで間違いなし

遊び心あふれるロゴ&メッセージのアイテムは、 取り入れるだけでモードな印象アップ!

■しかし、このブームはアパレルメーカーが仕掛けたもの

著名人がこうしたハイブランドの商品を身に着けることで報酬を得ること、あるいは少なくともその商品を無料で受け取ることは、何も新しいことではない

現在では、ブランドのビジョンを世間に広く訴えるための最善の方法は、ソーシャルメディアだ。だからこそ多くのブランドが、(フォロワー数が非常に多く)他の消費者の購買行動に大きな影響を与えるインフルエンサーを雇う

一般的な消費者は、こうした実情を理解しているだろうか? どうやらそうではなさそうだ。トミー・ヒルフィガーとジジのコラボコレクションは数日で完売。グッチは増益を記録している

■インフルエンサーの影響力が高まっている

インターネットにおける発信が盛んになって以降は、インターネットを用いて消費者の購買意思決定に大きな影響を与える人物のことを特定して指す

インフルエンサーの説明になります。

かつてはカメラマンの生命線だった雑誌は、いまや落ち目。カメラマンに支払う予算がないことが多いため、ブランドも代わりにソーシャルメディアのインフルエンサーを活用し、ブランド製品を際限なく宣伝してもらっている

美容ブロガーが台頭してきている。今日のマーケターは「有名人がおすすめ!」というお決まりの手法以外にも、インスタグラムで人気の「コントゥールメイクの女王」などを起用している

■企業はインフルエンサーを使いSNSで拡散して販売を伸ばす作戦に切り替えている

ソーシャルメディア(SNS)時代と呼ばれる現代では、イベントによるPR効果をより高める要素として、「いかにSNS上で話題化させるか」という点がとても重要


2125924

なんとビヨンセは1投稿につき100万ドル(約1.1億円)の経済効果があると発表している。

多くのブランドが、(フォロワー数が非常に多く)他の消費者の購買行動に大きな影響を与えるインフルエンサーを雇う

■カリスマ一般人の争奪戦が行われているという現状も

Cチャンネルはおよそ500人のカリスマ一般人を「公式」に認定し報酬を払います。先月、大手アパレルメーカーのオンワードと新ブランドを立ち上げました

3ミニッツ(本社東京都、宮地洋州社長)は16年7月、オリジナルファッションブランドを販売すると、発売から1時間で2000万円を売り上げた

両社ともインフルエンサーという消費行動に影響力のある人物を活用し、ブランドの情報を自社メディアやSNSを通して動画で拡散することで飛躍的に売り上げを伸ばしている

C Channelの動画はアプリの他に、FacebookやLINE、Instagramなどでも配信する分散型メディアの形を取っている

現在C Channelは、台湾、タイ、インドネシア、韓国、中国にも進出し、月間の動画視聴者数は約2億5000人、月間再生数は5億回に上る

3ミニッツは、インフルエンサーマネジメント事業や動画制作、動画メディア事業「MINE」、そして動画コマース事業「GINI」などを展開

■SNSを利用して洋服を購入する人は多い

服の管理したくてアプリいれてみた。服管理というよりおしゃれ系SNSって感じのアプリだっただけど、他の人の着こなしが意外と参考になる。良いかも。

@12eimy_amy21 他のOLさんのSNS読むとは考え方やファッションが参考になるよ〜ヾ(・ω・。)ノ もうかわいいだけの服は着れないから、いろいろ取り入れているところ!私もまだまだだけど外見に内面も滲み出るので、今年も精進します…!(>_<)

毎日毎日服を考えるのめんどくさいこういう時はお気に入りのワンピースがいくつかあると便利。あと普段からSNSやら何やらで気に入ったコーデの写真をスクショしておくと参考になる。

■中国ではすでにネットマーケティングは爆発的人気となっている

中国では有名人や人気ブロガーが発信する情報が、商品の売り上げを左右しますが、いま熱いのは生放送アプリ

1番の盛り上がりを見せるのは中国。都市部のスマホ普及率は高く、PC経験のないスマホネイティブの割合が格段に高い

中国の人は商品や企業が作ったCMを根本的に信用していません。ただ、自分と同じような立場から有名になったKOLには親近感があるため、 「彼らがすすめる商品なら問題ないだろう」という感覚がある


2125924