Search
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in comments
Search in excerpt
Search in posts
Search in pages
Search in groups
Search in users
Search in forums
Filter by Custom Post Type
Filter by Categories
総合
日記
マーケティング
SEO
プログラミング
ブログ
ソーシャル
Google
ご挨拶
OS
CentOS
CMS
WordPress
プラグイン
Plugin
{ "homeurl": "https://sociallabo.net/", "resultstype": "vertical", "resultsposition": "hover", "itemscount": 4, "imagewidth": 70, "imageheight": 70, "resultitemheight": "auto", "showauthor": 1, "showdate": 1, "showdescription": 1, "charcount": 1, "noresultstext": "No results!", "didyoumeantext": "Did you mean:", "defaultImage": "https://sociallabo.net/wp-content/plugins/ajax-search-pro/img/default.jpg", "highlight": 0, "highlightwholewords": 1, "openToBlank": 0, "scrollToResults": 0, "resultareaclickable": 1, "autocomplete": { "enabled": 1, "googleOnly": 0, "lang": "ja" }, "triggerontype": 1, "triggeronclick": 1, "triggeronreturn": 1, "triggerOnFacetChange": 0, "overridewpdefault": 0, "redirectonclick": 0, "redirectClickTo": "results_page", "redirect_on_enter": 0, "redirectEnterTo": "results_page", "redirect_url": "?s={phrase}", "more_redirect_url": "?s={phrase}", "settingsimagepos": "right", "settingsVisible": 0, "hresultanimation": "bounceIn", "vresultanimation": "rollIn", "hresulthidedesc": "1", "prescontainerheight": "400px", "pshowsubtitle": "0", "pshowdesc": "1", "closeOnDocClick": 1, "iifNoImage": "description", "iiRows": 2, "iitemsWidth": 200, "iitemsHeight": 200, "iishowOverlay": 1, "iiblurOverlay": 1, "iihideContent": 1, "iianimation": "bounceIn", "analytics": 0, "analyticsString": "", "aapl": { "on_click": 0, "on_magnifier": 0, "on_enter": 0, "on_typing": 0 }, "compact": { "enabled": 0, "width": "100%", "closeOnMagnifier": 1, "closeOnDocument": 0, "position": "static" } }
「シリーズ更新 Google検索に影響する要因2」

「シリーズ更新 Google検索に影響する要因2」

目次


2125924

「シリーズ更新 Google検索に影響する要因2」 – ソーシャル ラボ は SEO SEM マーケティング に特化しつつ オープンソース などの 情報 も 配信しています。この記事では見解と所感をシリーズで分けて更新しています。

今回はページレベルによる要因をまとめています。

ページレベルによる要因

キーワードをtitleタグに含める

Webページで一番大切なものはそのページのコンテンツで、2番目がtitleタグです。titleタグにキーワードを含めることはSEOに強いシグナルを与えることになります。

titleタグの前方にキーワードを

741137881bab5bd175505f485ca649f8c812d282.00.2.9.2

titleタグをキーワードで始めたものは、キーワードがより後方にあるものに比べてより良く機能する傾向があります。
参考:Moz

Descriptionにキーワードを

Title-Description-Keywords2

もう一つのシグナルとして、今は特に重要ではありませんが、確かに効果はあります。

h1タグにキーワードを

Keywords-in-H1-Tag

h1タグはGoogleに強いシグナルをおくるもので、「2番目のtitleタグ」とも言えます。
参考:Chris Butterworth

ドキュメント内にキーワードを

h1_rank_graph

コンテンツのドキュメント内にキーワードが含まれようにすることは、シグナルになります。

コンテンツの量

9k1dK

コンテンツの量はより短いものより、長いものの方が好まれます。
参考:serpIQ

キーワードの密度

seo_diary_dens

かつてそうであったほど重要ではありませんが、GoogleがWebページのトピックを決定するために使う何かです。

コンテンツに関連したキーワード(LSI)

What-Is-Latent-Semantic-Indexing

LSIはLatent Semantic Indexingの頭文字で、コンテンツに潜在的に関連したキーワードのことです。使用している言葉からその意味を抽出し、コンテンツの品質を判定するシグナルの役割を果たしています。

titleタグにLSIのキーワードを

adwords-keyword-tool1

Webページのコンテンツと同様に、tileタグやmetaタグのDescriptionに使われたLSIのキーワードはGoogleが同義語を見つけるのを助けます。これもまた関連性のシグナルの役割を果たしているかもしれません。

HTMLによるページのロード時間

2013-09-08_0647-600x528

GoogleとBingの両方で、ページのロード時間を検索結果の順位要因として使います。検索エンジンのスパイダーがページのコードとファイルサイズに基づいてかなり正確にサイトのスピードを見積もることができます。
参考:Goole Webmaster Central blogSearch Engine News

重複したコンテンツ

08cfecce9e4a5059ac858fd1902e8ddb

同じコンテンツ(少しだけ修正されたものも)が同じサイト上にある時、サイトのサーチエンジンにネガティブな影響を与えます。

rel=canonical

rel-canonical-usage

このタグが適切に使われている時、Googleがページを重複したコンテンツであるとみなすのを阻止するかもしれません。

Chromeによるページロードのスピード

google-webmater-tools-page-speed

Googleはページのロード時間、サーバーのスピード、CDNの使用法、他のHTML関連ではないサイトのスピードに影響を与えるシグナルを得るためにChromeを使うかもしれません。

画像の最適化

optimize-thumb

ページに配置した画像はそのファイル名、オルトのテキスト、タイトル、説明文、キャプションなどサーチエンジンに重要な関連性のシグナルを送ります。

コンテンツのアップデートの最近性

 

2010年のカフェインアップデートでは検索時点にあわせたタイムリーな検索結果を表示するために、コンテンツがアップデートされた最近性を重要視するようになりました。検索結果ページにもそのページの最終更新日を表示します。
参考:Google Blog


2125924

 caffeine

アップデートしたコンテンツの規模

編集や変更などのアップデートをしたコンテンツは同様にフレッシュな要因となります。セクションを付け加えたり、削除したりといったことも重要なアップデートに含まれます。

アップデートの履歴

ページは長期間にどのくらいの頻度で更新されていますか? 毎日?週一?5年? ページの更新頻度も同様にフレッシュさにおける役割を果たします。

キーワードの突出度

キーワードがページの内容の最初の100語で現れるようにすることは、関連性の重要なシグナルになります。

h2, h3タグにキーワードを

h2やh3といった小見出しにあるキーワードは弱いながらも関連性のシグナルになります。

キーワードの語順

ページの内容でキーワードのマッチ検索を行った場合、同じキーワードがより良くランクされるでしょう。例えば「ネコのひげを剃るテクニック」と検索した場合、「ネコのひげを剃るテクニック」が「テクニック -ネコのひげを剃るための」より良くランクされます。
参考:Backlinko

外向きのリンクのクオリティ

多くのSEOの人たちが外向きのリンクがGoogleに信頼のシグナルを送るものであると考えています。

外向きのリンクのテーマ

サーチエンジンはあなたがリンクするページのコンテンツを関連性のシグナルとして使っているかもしれません。例えば、映画関連のページにリンクする車関係のページをGoogleは自動車ではなく、車の映画についてと思うかもしれません。
参考:Moz

正しい文法とつづり

正しい文法とつづりはそのコンテンツのクオリティのシグナルとなります。
参考:Google forums

類似したコンテンツ

そのコンテンツはオリジナルですか? もしそれが他のページからコピーしたものであるなら、それはオリジナルとしてインデックスされず、補足インデックスとして扱われるでしょう。

役立つ補足コンテンツ

下記のガイドラインによると、補足コンテンツはページのクオリティの指標となり、またGoogleのランキングにも影響があるでしょう。
参考:Google Rater Guidelines

外向きのリンクの数
外向きのリンクがあまりにも多いと自身のページランクを漏らすことになるかもしれません。
マルチメディアコンテンツ

画像や動画などのマルチメディアは、コンテンツの品質のシグナルの役割を果たすかもしれません。

内向きのリンクの数

自サイトへの内向きのリンクの数は、サイトにおいて他のページと比較してその重要性を示します。

内向きのリンクの品質

ドメイン上の正式なページからの内向きのリンクは、ページランクの低いページより強い影響を持っています。

リンク切れ

ページにあまりにも多くのリンク切れがある場合、それは無視されるか捨てられたサイトのサインになるかもしれません。

リーディングのレベル

GoogleはWebページのリーディングのレベルを見ていることは間違いないでしょう。しかしその情報を元に何を行っているかは不明です。ページランクに影響を与えるという噂もありますが、サイトの質の要因であるというのが本命です。
参考:Linchpin SEO

アフィリエイトのリンク

アフィリエイトのリンクはおそらくあなたのランキングにはダメージを与えないでしょう。しかしアフィリエイトの数が多いと、Googleのアルゴリズムはただのアフィリエイトサイトではないことを確認するために他の品質のシグナルにより注意を払うかもしれません。

HTMLのエラー

W3C validationなどによるHTMLのエラーやいい加減なコーディングは質の低いサイトのサインになりえます。多くのSEOの人はこれは弱い品質のシグナルであると考えています。

 

ドメインのオーソリティ

オーソリティとは誰もが認める権威(認知度が高い)をもっていることで、ドメインやページに対してオーソリティが与えらます。このオーソリティはすべての条件が同じだとすると、高い方がランキングも良くなります。

ページのページランク

これは関連づけらませんでした。しかし一般的にページランクの高いページが低いページより良くランクされる傾向があります。

URLの長さ

過度に長いURLは検索の視野に害を与えます。
参考:Search Engine Journal

URLのパス

ホームページにより近い、短いパスのページほど、わずかな後押しを得るかもしれません。

人の手による編集

これは確認されていませんが、Googleが人の手による編集が影響を与えることを可能するシステムの特許を取得しています。
参考:Googleの特許

ページのカテゴリ

ページが現れるカテゴリは、関連性のシグナルです。密接に関係したカテゴリにあるページは、無関係のカテゴリにあるページと比較して関連性の後押しを得ます。

WordPressのタグ

タグはWordPressに特定された関連性のシグナルです。
参考:Yoast

URLに含まれたキーワード

もう一つの重要な関連性のシグナルです。

URLの文字列

URLの文字列におけるカテゴリはGoogleによって読まれて、ページが何についてであるかのテーマのシグナルになるかもしれません。

参照とソース

研究論文のように、参照とソースを引き合いに出すことは品質のサインであるかもしれません。

ビュレットやナンバーのリスト

ビュレットやナンバーがつけられたリストはユーザフレンドリーで、コンテンツを理解するのを手伝います。Googleもこのことには同意しており、コンテンツをリストで見る方を好むかもしれません。

サイトマップのページのプライオリティ

sitemap.xmlによって与えられるページのプライオリティはランキングに影響を与えるかもしれません。

あまりに多くの外向きのリンク

多くのリンクがあることは、コンテンツから気をそらせることになるので、前述の通りクオリティに影響を与えます。

他のキーワードの量

いくつかの他のキーワードのためにページがランク付けされるなら、Googleは品質のサインを与えるかもしれません。

ページの年齢

Googleはフレッシュな内容のページを好みますが、古いページでも定期的に更新されていれば新しいページを凌ぐかもしれません。

ユーザフレンドリーなレイアウト

Google Quality Guidelinesによると、質の高いページのレイアウトは主要な内容がすぐに分かるようになっていると言っています。

パークドメイン

パークドメインとはコンテンツがないドメインを保持しているだけのもので、2011年のGoogleのアップデートでパークドメインの検索を減少させました。
参考:Google Inside Search

有益なコンテンツ

Googleは品質と有益なコンテンツを区別するかもしれません。
参考:Search Engine Round Table

まとめ
  • メタタグやキーワードなどをしっかりと考え更新する
  • サイトのデザインなど総合的に考える
  • ページのオリジナリティなども必要
  • サイトマップのプライオリティも考える
  • HTMLのエラーや画像などの最適化も考えると検索エンジンの評価が上がる
  • リンク切れなども考えつつリンクを増やしかたも考える
  • URLに含まれたキーワードも多少効果があるかも

他にも色々ありますが、書き方構造など総合的に考えないと意味が無いです。


2125924